住宅診断・耐震診断・耐震改修 (有)やまむら一級建築士事務所|大分県中津市


M E N U







 
  住宅診断とは
 住宅診断とは、すでに完成している住宅、又はすでに人が何年も住んでいた住宅について、所有者や購入者がその住宅の資産価値を判断するための情報を調査することです。

住宅診断は以下の様な時に必要です。
・中古住宅の購入を検討する際、不動産会社の家屋情報とは別の情報がほしい時。
・新築住宅の引渡し前に第三者のチェックを受けたい時。



  なぜ住宅診断が必要なのか
 中古住宅を購入する場合、不動産会社の家屋情報にはその建物がどの程度の期間にわたって利用可能なのか、どんな補修が必要なのか等の重要な情報はほとんどありません。これは建物の専門的な知識を持った不動産仲介業者が少ない事に起因しています。

 つまり「アタリ」と「ハズレ」があるのです。

住宅の購入は人生の大きな事業です、「ハズレ」を引かない為にも住宅診断を行い、検討中の住宅がどのような状態なのかの確認が必要なのです。
 また住宅を売りたい場合でも、大切に維持管理して快適に住まうことが出来る住宅であれば、住宅診断を行うことで中古住宅としての付加価値を付けることが出来るでしょう。「いいものは高く」なのです。
 新築住宅に関しては、中古住宅に比べ住宅診断の必要性は当然低くなります。調査をする必要が無いに越したことはありません。しかし、当初は信用していた施工業者の工事内容や対応に不満や不信感が生じた場合には、引き渡し前に住宅診断を受けて方が良いかもしれません。


  住宅診断の内容
 住宅診断は、外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないか等の項目を目視で確認します。そして建物の状態を診断依頼者に説明します。また、目視ではわからない項目で欠陥の疑いがある部分については二次診断(破壊検査等)の必要性を説明します。



                                                

HOME | 住宅診断 | 耐震診断・耐震改修 | 減税制度・補助制度 | 料金 | 無料相談・アドバイス | 問い合せ | 実績 | 会社概要
 有限会社 やまむら一級建築士事務所
代表取締役 山村 増治 (一級建築士 登録第294040号)
〒871−0024 大分県中津市中央町1丁目5−24 TEL 0979-23-5805 FAX 0979-23-5806 mail